Aviutlで高画質エンコード

ブログ『趣味とか株とかエトセトラ』
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


 自分用メモなのであしからず。

 動画をただ変換していいならXvid4PSP5が楽なのですが
 アップコンバート、アップスケーリング等
 フィルターをかける場合はAviutlが自由度が高いのでこちらを使います。

 まず、AviUtlのお部屋で最新版をダウンロードしてきます。

 Aviutl.exeと同じ場所にPluginsフォルダでも作ってプラグインファイルを放り込みます。
 自分で検索して最新版を探してもいいです。

 扱うファイルに応じて
 MP4Plugin (mp4)
 MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In (mpeg2,DVD等)
 FLV File Reader (FLV)
 DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl (困ったときはとりあえずこれ)

 rigayaの日記兼メモ帳さんから
 x264guiEX (導入方法はリンク先参照)
 自動フィールドシフト
 エッジレベル調整

 がらくたハウスのがらくた置き場さんから
 nonlinear sharpen (非線形処理な先鋭化)
 prefilter for nonlinear sharpen (非線形処理な先鋭化用前置フィルタ)

 さらに
 アンシャープマスク (unsharpns.auf)

 解像度を変えるならスキマ産業さんから
 リサイズフィルタ
 をありがたくいただいてきます。

 他、まだ導入していなければneroAacEnc.exe
 必要ならば最新版のx264.exe
 を探してきましょう。

 準備ができたらaviutl.exeを起動。

-----設定-----
◯ファイル→環境設定→システムの設定
 最大画像サイズを十分な大きさに(1980x1080など)
 最大フレーム数を十分な大きさに(24フレーム/秒なら24×秒数以上)
 リサイズ設定の解像度リストに必要な大きさを記入

◯ファイル→環境設定→入力プラグイン優先度の設定
 MP4 File Reaer
 MPEG-2 VIDEO File Reader
 AVI/AVI2 File Reader
 など特定のファイル用をDirectShow File Reader より上に
 *サイズの大きなm2tsファイルなどを読み込ませてクラッシュする場合はDirectShowを上に

◯設定→フィルタ順序の設定→ビデオフィルタ順序の設定
 リサイズフィルタ
 prefilter for nonlinear sharpen
 nonlinear sharpen
 アンシャープマスク
 エッジレベル調整
 の順に 

---------------

 動画ファイルをaviutlに放り込みます。
 音声がない(下部に緑の線が出ない)場合は追記参照。

-----設定-----
◯設定→インターレースの解除→自動フィールドシフトにチェック

 自動フィールドシフトの設定で
 映画/アニメのボタンでも押しておくと簡単

 動画の適当な場所をコマ送りしてギザギザが目立つ場合は
 トップフィールド、ボトムフィールドのところを逆のほうに

 inter01.jpg → inter02.jpg

 こうなったら成功。ならなければあきらめましょう。

◯設定→リサイズフィルタの設定
 サイズを変える場合は、追加から好きなサイズを入力
 輝度、色差はSpline36
 右上の白い四角にチェックを入れて適用

◯設定→アンシャープマスクの設定
 右上の白い四角にチェックを入れて適用
 放り込んだ動画の画像を見ながらお好きな値に
 例:適応量20、範囲10、閾値50

◯設定→エッジレベル調整の設定
 右上の白い四角にチェックを入れて適用
 放り込んだ動画の画像を見ながらお好きな値に
 例:特性10、閾値40、黒補正15、白補正0

-----以下、画質が上がる代わりにエンコード速度がかなり遅くなります-----

 パソコンの性能と時間に余裕があるならON
 普通はOFFがいいと思われます。

◯設定→prefilter for nonlinear sharpenの設定
 右上の白い四角にチェックを入れて適用
 weightは100、H blurとV blurはチェックなし

◯設定→nonlinear sharpenの設定
 右上の白い四角にチェックを入れて適用
 放り込んだ動画の画像を見ながらお好きな値に
 例:under25、gain25、noise20、他0、overの値をgainに合わせるだけチェックをはずす

-----以上、優秀なフィルタなので高速改良版があったら教えてほしい-----

 設定ができたらエンコード

 テストする場合は、下のシークバーで範囲を指定して
 編集→選択範囲のフレーム切り出し
 で一部分だけにするとエンコード時間が短くなる。

◯ファイル→プラグイン出力→拡張x264出力(GUI)Ex

1.ビデオ圧縮でお好きな設定に
 ファイルサイズに制限がないなら品質基準VBR
 おおざっぱな目標ファイルサイズがあるなら計算しやすいビットレート指定
 ファイルサイズに上限があるならマルチパス

 プロファイルはhigh、H.264Levelは自動
 ビットレート変動量は80超えてもいいと思う。
 AQ(適応的QP)はとりあえず0
 (暗い場面でブロックノイズが目立つならVAQ0.8~1.2に)
 動き予測アルゴリズムはUneven Multi-Hexagon
 サブピクセル動き予測は8ぐらい。気合があるなら9、10
 動き探索範囲は16~24ぐらい
 参照距離はH.264Levelの関係で4が無難
 (レベル5.0とかなってもいいなら6ぐらいでもいい)
 最大連続Bフレーム数は遠慮がちに3
 (気合があるなら参照距離を超えない程度に上げてもいい)
 適応的Bフレーム挿入は完全
 マクロブロックp4x4はチェックを入れなくてもいい
 キーフレーム間隔の上限はフレームレートの10倍程度
 デブロックは-1,-1ぐらいでもいい。0,0でもいい

 拡張→自動フィールドシフトを使用する

2.ビデオ圧縮設定がおわったら出力
 保存場所とファイル名を決めて保存

3.ひたすら待つ
 ディスプレイは消しておくとよい


 以上で完成です。





 *音声がない場合

◯DVDなどはDVD2AVIを検索して入手してください。
 動画ファイルを放り込んで、ファイル→プロジェクトの保存
 できたWAVファイルを、動画を読み込んだaviutlに放り込みます。

◯BDなどでDVD2AVIで読み込めなかったら
 tsMuxeRを検索して入手してください。
 動画を放り込んで、Tracksで目的の音声を選んで
 OutputでDemuxにチェック→スタート

 *音声は5chとかではなく普通のステレオ2chを選びましょう。

 できた音声ファイルがWAVファイルでなかったらWAVファイルに変換。
 AudioEncoderとかxrecodeIIとかなにかしらのソフトを入手しましょう。
 例えばxrecodeIIなら、放り込んでWAVにチェックを入れて開始ボタン。

 WAVファイルができたら動画を読み込んだaviutlに放り込みます。


 緑の線が出てきたら成功です。





関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : Aviutl,

Copyright (C) 2007-2017 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.