『DEATH NOTE(デスノート)』小説『L change the WorLd』

ブログ『趣味とか株とかエトセトラ』
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


Amazonメールシリーズ第2弾
今回も強引さ120%のメールが届きました。



Amazon.co.jpのお客様へ、

Amazon.co.jpで、以前に「オグ マンディーノの本」をチェックされた方に、
Mの『L change the WorLd』のご案内をお送りしています。
『L change the WorLd』、2007年12月25日発売予定です。 ご予約は以下をクリック

   

出版社からのコメント
<作品紹介>
大ヒット映画『DEATH NOTE』の第3弾は、
L最期の23日間を描く完全オリジナルストーリー。
2008年2月の映画公開に先がけて、小説版発売決定!

小説版の作者Mは、映画原案にも参加。
Mと映画チームの共同作業からはじまった新たなる"L"の物語は、
小説と映像、それぞれの世界で走り出す。

小説版は、映画では見られないLのエピソードや、原作ファンなら
ニヤリとするようなシーンとセリフが盛りだくさん。
しかも"デスノート"がまた登場・・・!?
カバーは、小畑健先生による描き下ろしイラスト。
ファンなら見逃せない一冊!!!

<ストーリー紹介>
「そのノートに名前を書かれたものは死ぬ」という、
 人間の生殺与奪の権を握る、死神の落としたデスノート。
これを使って新世界の神になろうとした夜神月=キラに対峙し、
謎の天才探偵・Lは大きな代償を払ってキラ事件を終結に導いた。
自らも究極の選択をした彼に、更なる難事件が立ちはだかる。
残された時間は23日間。
事件の鍵を握る少女を守るため、Lは絶体絶命の状況に追い込まれる。
Lが変わるのか。世界が変わるのか。世界を救えるのは誰だ。


こちらもどうぞ

(3商品ほど紹介されていたが記事の構成上必要ないので割愛)


今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jp
http://amazon.co.jp/



名前のリンクをクリックしていただければわかりますが
オグマンディーノとは、世界的に大ヒットした自己啓発の本を書いた人です。
確かに、オグマンディーノの本はチェックしました。
ていうか、こちらは前回のKOTOKOと違って、チェックどころか買いました。
この世で一番の奇跡』、『この世で一番の贈り物』、『この世で一番のメッセージ』、
ことばの魔術師からの贈り物』 など…。

どれも、庶民から大富豪の成功者へと導いてくれるパワーを感じるとてもよい本でした。
まあ良いと感じるかどうかは人それぞれで、 
自己啓発系のものにはまったく関心を示さない人もたくさんいますが、
そういう方は庶民でい続ける才能に恵まれた人なので
庶民道を極めていけばよいかと(笑)

と、そんなのはどうでもいいことで
かたや『デスノート(DEATH NOTE)』とは
皆さんご存じ、週刊少年ジャンプに連載されていたサスペンス漫画で
実写映画化されたことで漫画を読まない人たちの間でも有名になった作品です。
内容については話すと半端なく長くなるので原作の漫画でも見てください。

余談ですが、昨日だったか
講談社の『週刊少年マガジン増刊 マガジンドラゴン1月11日増刊号』に掲載された
メガバカ』という漫画が『デスノート』をはじめ『多重人格探偵サイコ』や『エア・ギア』などを
パクった(盗用した)というニュースも出てましたね。


まあ余談はおいといて、何が言いたいかと申しますと




両者にいったい何の関係が?


オグマンディーノの本は、
たとえ貧乏のどん底でも、考え方をかえ、目標を明確に持ち
うんぬんかんぬん以下略していけば
人格的にも優れた、みんなから好かれる成功者になれますよ的な話です。

デスノートは、
世界に悪人はいらない、悪人はすべて殺してしまえ的な話です。


まったくベクトルが逆でしょう。
もうこんなメールには突っ込まずにはおれません。
せっかく膨大な商品を取り扱ってるんだからもっと関連性を高めてほしいものです。

まあ、ブログのネタになるからそれはそれでいいんですけどね(笑)


   From COFFEE17




関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : デスノート,

コメント
この記事へのコメント
メリークリスマス

:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:


デスノート 見てみようかな。
怖いのかな…(((( ;゚Д゚)))

応援★(・∀・;)ノ
2007/12/24(月) 01:01 | URL | ぷっちの☆ #27oFWF9A[ 編集]
携帯からコメント投稿。
デスノートはあまり怖くはないです。
一応、少年誌に連載されてたものなので。
キラとLの天才的な読みあいが見ごたえあります。
ただ、やはり殺人事件ものなので好き嫌いはあるかと思います。
2007/12/25(火) 12:16 | URL | COFFEE17 #upa2A/Mo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://coffee17.blog89.fc2.com/tb.php/46-b3aa8232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2017 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.