クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号/2009

ブログ『趣味とか株とかエトセトラ』
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのジャンプスクエアクレイモアです。
ずっとブログに書けていなかったので
ここらで書いておきたいと思います。

では2009年1月号から。


CLAYMORE SCENE86 侵された禁忌


前回ディートリヒたちが覚醒者相手に苦戦しているところを
デネヴヘレンが助けに入ったという話でした。

結局覚醒者はディートリヒが一刀両断。
覚醒者にやられたディートリヒの仲間3人も生きていたようです。

なんか、ディートリヒ1人でもいけたんじゃ?って気がしますが
まあいいでしょう^^;


ヘレンディートリヒ
組織には自分たちのことを黙っとくように頼みますが
ディートリヒは、聞かれれば答えないわけにはいかないと言って拒みます。
さらに、組織に知られたくないなら
ここで自分を斬れと言いますが
ヘレンデネヴは、立ち去ります。

しかし、ディートリヒは2人についていき
デネブたちにさらわれたことにすれば組織に報告する必要はないといいます。

戦士にしてはまともでいいやつです(笑)


ディートリヒは2人に忠告します。
これより南には、悪魔と呼ばれるものがいるから行かない方がいいと。

2人は悪魔=南の深淵 イースレイだと思い
(デネヴはなぜあえて悪魔と言うのかと訝しく思っていましたが
イースレイがいる町を発見して入って行きました。

そして、イースレイとのすれ違いざまに
ヘレンはあまりに強い妖気に立てなくなり
さらに、イースレイに戦士だと気づかれ
デネヴは右腕を斬られます。

ディートリヒの忠告をきいておけばよかったものを…。


一方、町の外の山に残っていたディートリヒ
戻ってきた悪魔の気配を察知して身を隠します。
やはり悪魔とは、イースレイとは別物だったようです。


(2月号につづく)





ここにきて、悪魔と呼ばれる新勢力(?)が登場しました。
覚醒者を倒すほどの実力を持っているディートリヒですら
本気でおそれるほどなので
よほど強いのでしょう。
その正体は、2月号ではあまり明らかにされず
3月号、4月号で明らかになってきます。

現在、4月号まで発売済みです。
ジャンプSQ5月号は4月4日(土)発売、
クレイモア16巻は5月1日(金)発売予定です。





   From COFFEE17



各種コミックスはオンライン書店 boople.comでどうぞ。



→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ6月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ10月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ11月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ12月号の記事

   
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://coffee17.blog89.fc2.com/tb.php/300-259f3415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2017 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。