多数決が良いとは限らない

ブログ『趣味とか株とかエトセトラ』
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


予約投稿を駆使しながらも、1週間の連続更新には至れませんでした (((´・ω・`)
13日の金曜日も過ぎ去った週末、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ところで、私はイーバンク銀行に口座を持っており
毎週メルマガが配信されるのをおとなしく受信しています。

そのメルマガに毎週、漢文を題材にした名言・格言のコーナーがあるので
それだけを楽しみに配信解除をしないで読んでいるのですが
今週のは特に良くて感銘を受けました。

-----------------------------------------------------------------
【名言・格言の前後】 第151回 『善均従衆』(春秋左氏伝)
-----------------------------------------------------------------
本日は成公七年。晋は欒書(らんしょ)を元帥として同盟国の鄭を攻める楚と
の戦いに出陣します。しかし楚軍は晋軍をみると撤退。追撃する晋軍は南下し
国境近く、楚の属国を攻めようとしていました。

11人中7人の大夫は「決戦」を主張しますが、3人の大夫が反対します。
そこで欒書は決戦を避けます。多くの意見が「攻撃すべき」であるといって
いるのに何故戦わないのか?その問いに欒書は答えます。

     『善均従衆、夫善、衆之主也、三卿爲主也、可謂衆矣』

読み下しますと「善均しければ衆に従う。夫れ善は衆の主なり。三卿は主た
り。衆と謂うべし。」となりましょうか。

意訳しますと、「多数決」というのは「比べる意見がどれも同じくらい立派な
時に行うモノ」である。善悪が明白な場合にはそのような手段は無意味。決戦
に反対された3卿は殊に立派で、民の主たるべき方々。このような方の意見に
従うことは実によろしいことである。

欒書は「卿」として一国の「決断」を迫られた時に何を「基準」とすべきか正
しく認識していた人だといえると私は思います。




今の政治家に読ませてやりたい。

漢文を読んでいるとこういう政治に関して勉強になるような
名君や名臣下の話などが多数出てきますが
今政治家をやってるお偉いさん方はこういうのを勉強してこなかったんでしょうかね。


数の暴力反対!




イーバンク銀行に口座を持っている人は多いと思うので
このメルマガも多くの人が受信してるかとは思いますが
これはWEBサイト上でも公開されているので
受信されていない人もぜひ見てみてください。

→ イーバンク銀行 メルマガバックナンバー


   From COFFEE17




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わたしも エロコメにしないと
KY って 言われるんだろうか…

いや、少数派で行こう!!!!


カフィさん  ちゃぉ

応援★(・∀・)ノ
2008/06/17(火) 13:07 | URL | ぷっちの☆ #27oFWF9A[ 編集]
ぷっちの☆さん
(´・ω・`)ノ チャオ♪

ほんとエロコメたまってる。
ていうかいつも読まずに消すのに
ぷっちの☆さんのおかげで読んじゃいましたよ(笑)
いつもいろんなのくるけど
現実はエロコメより過激だったりしてね(おいマテ
2008/06/17(火) 20:26 | URL | COFFEE17 #upa2A/Mo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://coffee17.blog89.fc2.com/tb.php/158-9cd38d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2007-2017 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.