フィギュアやキャラグッズなどについて独断と偏見で書いています。
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


放送されるとニュースで見たときから
この日をとても楽しみにしていましたが

ついに放送されました!

ルパン三世 VS 名探偵コナン


よかった!
かなりおもしろかった!

毎年春に、名探偵コナンは劇場版をやっていますが
(今年は『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』)
このルパン三世VS名探偵コナンは映画でやっても
かなりお客さんが入ると思います。

今回の作品も
ルパン側、コナン側、それぞれにきちんと見せ場があり
最後は感動させる内容で
初めての試みとは思えないぐらい
とてもよくできていると思いました。


最後のスタッフロールでは
原作、声優の名前が
ルパン勢とコナン勢が左右対になって流れました。

第3勢力といいますか
オリジナルキャラ勢は中央を流れました。

その辺も気を使ってるんですねー。


声優といえば、
緑川光さんと福山潤さんは声を聞いてすぐにわかったのですが
ミラ王女が堀江由衣さんだとはエンディングを見るまで気づきませんでした。
わかってから改めて聞くと、
「あ~」って感じでした^^;

メジャーな声優さんの声なら
けっこうピクッと反応するんですが
わたくしもまだまだ修行が足りませんな(笑)


ルパンとコナンどっちが好きかときかれたら
「ルパン」と答えるわたくしですが
コナンもスペシャルや劇場版などはかなり好きなので
今回の放送が人気を博して
映画化 or シリーズ化 なんてことにならないかなあ…
なんて思っております。

映画化されたらお金払ってでも見たいです。





   From COFFEE17





スポンサーサイト

関連タグ : ルパン三世, 名探偵コナン,

やっと最新号に追いつきました。
ジャンプスクエア4月号クレイモアです。

前回は、ついに“深淵喰い”と呼ばれるやつらの正体が明らかにされました。
今月は、イースレイ VS 深淵喰い の続きです。


CLAYMORE SCENE89 見果てぬ夢

一斉に襲い掛かる深淵喰いたちに
イースレイは再生が追いつかないほどにやられます。

11体いる深淵喰いは、
過半数の6体が倒されると、組織に逃げ帰るように意識に組み込まれていて
新しく生み出された者たちと精神を同一化し
その経験を共有するという仕組みになっていると
ディートリヒヘレンデネヴに話します。

つまり、少しずつイースレイに対して強くなっていくということです。

デネヴたちは、帰郷を中止しクレアたちと合流、
ヘレンの再生が難しい左目もシンシアに修復してもらうことを提案します。

そうこうしているうちに
とうとうイースレイが倒れます。

イースレイは過去を振り返ります。
深淵喰いが来るようになってから
プリシララキに託して南の地から追い出したこと。
初めはプリシラを利用してすべてを手に入れようとしていたのに
いつのまにか
プリシララキのいる生活に満ち足りた思いを感じていたこと。

そして、少しでも長く、あのままでいたかったと思いながら力尽きました。


イースレイを倒した組織は、
次は西の深淵であるリフルを倒しにかかります。
鋭い嗅覚で対象を探し当てる深淵喰いを案内役に使い
組織のナンバー1とナンバー2である
アリシアベスを西に送ります。


(5月号につづく)


なんと!
数少ないカッコイイ男性キャラであるイースレイがやられてしまいました。
読者の9割以上は男性かという気はしますが
もし女性ファンがいたら非常に残念な展開です。

次は西のリフルを倒す計画のようですが
どうなることでしょう。
また、ヘレンたちの帰還で組織の計画を知ることになるであろう
クレアたちはどういう行動に出るのでしょうか。
5月号が楽しみです。


ジャンプSQ5月号は4月4日(土)発売、
クレイモア コミックス16巻は5月1日(金)発売予定です。





   From COFFEE17


各種コミックスはオンライン書店 boople.comでどうぞ。



→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ6月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ10月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ11月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ12月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号/2009年の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号/2009年の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号/2009年の記事

   
ジャンプスクエア3月号クレイモアです。

前回は、ヘレンたちとイースレイの戦いの場に
悪魔と呼ばれる謎の集団がやってきたところで終わりました。



CLAYMORE SCENE88 盲目の狩人

やってきた悪魔にいきなりヘレンが斬りかかりますが
あえなく右腕ごともっていかれます。
さらに、左目、左胸部、腹部、左腿などをざっくり刺され
助けに入ったデネヴもやられそうになります。

が、駆けつけたディートリヒのアドバイスで
急激な動きをしなければ、悪魔は反応しないということがわかります。

覚醒体になったイースレイが悪魔たちを攻撃しますが
再生能力がすごくて、イースレイも苦戦します。

ヘレンたち3人は風下に逃げ、安全を確保すると
ディートリヒが悪魔について説明し始めます。

それらは、なんと
対“深淵”用に覚醒者の血肉で作られた11体の戦士で
ただ、イースレイの肉を食うことだけを求めるようにされた
深淵喰い』というものだったのです。


(4月号につづく)


深淵喰いは、イースレイを前にして
縫い合わされていた口を開きますが
マジできもいです(笑)

気持ち悪さはそのへんの妖魔より上です。

ロザリオとバンパイアの妖怪たちみたいな愛らしさは
カケラもありません(笑)

さて、ついに悪魔たちの正体が明らかにされましたが
4月号ではイースレイとの戦いが激化します。

でも、キモさは激化しないでほしいです(笑)





現在、ジャンプSQは4月号が発売中、
ジャンプSQ5月号は4月4日(土)発売です。
クレイモア16巻は5月1日(金)発売予定です。





   From COFFEE17



各種コミックスはオンライン書店 boople.comでどうぞ。



→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ6月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ10月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ11月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ12月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号/2009年の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号/2009年の記事

   
ジャンプスクエア2月号クレイモアです。

2月号では、クレイモアが表紙でしたが
背表紙をよく見ると

CLYMORE とかいてありました。

これは印刷ミスでしょう(笑)

   CLAYMORE200902.jpg




CLAYMORE SCENE87 殲滅者の帰還

前回は、ディートリヒがいた山まで悪魔が帰ってきた
というところまででした。

悪魔と呼ばれるそれは
目と口を縫いふさがれており
見た目若干きもちわるいですが
妖気を感じ取ることができないのか
息を潜めるディートリヒに近づきはしたものの
くんくんとにおっただけで立ち去っていきました。

さて、場面変わって
町ではヘレンイースレイと戦っています。
ヘレンは善戦するものの、イースレイには及ばず
やられそうになります。
しかし、間一髪のところで
やられた右腕を、限界以上の妖力解放で再生したデネヴが助けに入ります。

長年抑えていた妖力を解放してしまったために
妖気を消して逃げることができなくなったデネヴ
ヘレンに自分がおとりになるから逃げろと言いますが
ヘレンも妖力を解放、共に戦うことに決めます。

まあ、長年連れ添った親友どうしみたいなものなので
当然の流れでしょう。


しかし、そのとき
あの悪魔たちが、とうとう町までやってきました。


(3月号につづく)


2月号では、
ヘレンたちとイースレイとの戦闘がメインで
あまり悪魔の正体は明らかになりませんでした。
悪魔と呼ばれるそれらは
ギ…ギ…ギシュ…と言いながら
縫い合わせられた口のすき間からよだれを垂らしています。
キモイです。
それよりもっとかわいいディートリヒを出してほしいです。
ツインテール風の髪と、斜めに切った前髪にズキュンハートときます。


ジャンプSQは現在4月号まで発売済みで
5月号は4月4日(土)発売です。
コミックス6巻は5月1日(金)発売予定です。





   From COFFEE17


各種コミックスはオンライン書店 boople.comでどうぞ。



→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ6月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ10月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ11月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ12月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号/2009年の記事

   
久しぶりのジャンプスクエアクレイモアです。
ずっとブログに書けていなかったので
ここらで書いておきたいと思います。

では2009年1月号から。


CLAYMORE SCENE86 侵された禁忌


前回ディートリヒたちが覚醒者相手に苦戦しているところを
デネヴヘレンが助けに入ったという話でした。

結局覚醒者はディートリヒが一刀両断。
覚醒者にやられたディートリヒの仲間3人も生きていたようです。

なんか、ディートリヒ1人でもいけたんじゃ?って気がしますが
まあいいでしょう^^;


ヘレンディートリヒ
組織には自分たちのことを黙っとくように頼みますが
ディートリヒは、聞かれれば答えないわけにはいかないと言って拒みます。
さらに、組織に知られたくないなら
ここで自分を斬れと言いますが
ヘレンデネヴは、立ち去ります。

しかし、ディートリヒは2人についていき
デネブたちにさらわれたことにすれば組織に報告する必要はないといいます。

戦士にしてはまともでいいやつです(笑)


ディートリヒは2人に忠告します。
これより南には、悪魔と呼ばれるものがいるから行かない方がいいと。

2人は悪魔=南の深淵 イースレイだと思い
(デネヴはなぜあえて悪魔と言うのかと訝しく思っていましたが
イースレイがいる町を発見して入って行きました。

そして、イースレイとのすれ違いざまに
ヘレンはあまりに強い妖気に立てなくなり
さらに、イースレイに戦士だと気づかれ
デネヴは右腕を斬られます。

ディートリヒの忠告をきいておけばよかったものを…。


一方、町の外の山に残っていたディートリヒ
戻ってきた悪魔の気配を察知して身を隠します。
やはり悪魔とは、イースレイとは別物だったようです。


(2月号につづく)





ここにきて、悪魔と呼ばれる新勢力(?)が登場しました。
覚醒者を倒すほどの実力を持っているディートリヒですら
本気でおそれるほどなので
よほど強いのでしょう。
その正体は、2月号ではあまり明らかにされず
3月号、4月号で明らかになってきます。

現在、4月号まで発売済みです。
ジャンプSQ5月号は4月4日(土)発売、
クレイモア16巻は5月1日(金)発売予定です。





   From COFFEE17



各種コミックスはオンライン書店 boople.comでどうぞ。



→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ1月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ6月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ10月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ11月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ12月号の記事

   
おはようございます。

本日は桃の節句、ひな祭り
ちらし寿司とは言いません、せめてあられが食べたいです。
COFFEE17です。





ところで、
わたくしは8年以上ドコモの携帯を使っていて
よく、ドコモプレミアクラブのクーポンなどを利用しているのですが

現在、そのドコモプレミアクラブサイト内に
2009年4月30日までの期間限定で
プレミアパーク(携帯専用)というものができていて
   
*ドコモプレミアクラブ会員のみアクセスできます。


そこに
ケータイライフ診断『あなたは何の人?』というコーナーがあったので
さっそくやってみました。

*FOMA902i 以降に対応

なにやら東洋最古の占星術をもとにした占いらしいのですが
まあ、占いは
“当たるも八卦、当たらぬも八卦”ということで
気軽に試してみました。


すると




あなたは会話の人です


の言葉とともに




たらこくちびるのおばちゃんの絵が出てきました(笑)


右手には買い物袋を持ち
左手は、「やぁ~ねぇ~」の言葉が今にも聞こえてきそうな感じで手首を折り返しています。

おそらく最もよく似合う背景は
大阪の商店街でしょう。


-----性質-----
会話で人を引きつける才能をもつ魅力的な人。

とあるものの




口数は多い方ではないらしい。





おしい!実におしい!




でもきっと、ここぞというときに
相手の心をわしづかみにしちゃう一撃必殺型の話術に違いありません。

そうだと信じてます。
いや、そうであってほしい。


他には
多くの人に恵まれ
多彩な援助を受けることができるのだとか。

これは当たっているかもしれません。

ありがたいことです。

ほんとに、わたくしCOFFEE17は
いろんな人に支えられて生きているということを実感しております。

できれば、その恩返しとして
もっと社会に貢献できるような人間になりたいといつも思っています。





ドコモユーザーで、
パケット定額の方は、占ってみると楽しいかもしれませんよ





ちなみにプレミアパークでは
パケホーダイダブルi コンシェル2in1友達に紹介すると
ポイントがもらえるキャンペーンをやっています。
紹介メールは、サイト内から送れるようです。

まあ、パケホはすでに多くの人が入ってるし
i コンシェルは機種が限られてるし
2in1は必要な人が限られてるので
あまり紹介できる人は多くないとは思いますが
友達いっぱいな方はこの機会にぜひどうぞ。



また、去年の夏にわたくしが当選した

プレミアメッセージR(携帯専用)受信者対象の
プレミアメッセージRでポイントGET!キャンペーン』が3月までです。
   
*ドコモプレミアクラブ会員のみアクセスできます。

こちらも、まだの人はどうぞ。
もしかしたら私みたいに当たるかもよ~





   From COFFEE17





Copyright (C) 2007-2017 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.