フィギュアやキャラグッズなどについて独断と偏見で書いています。
-----ようこそ-----

もうフィギュアを飾るスペースが…

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

製品詳細ページリンク切れの場合はあみあみホビーサーチ等のサイトで検索してみてください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新しました。

WindowsアップデートからSP1の更新を開始したんですが
更新前に

・1時間以上かかる可能性があります。
・数回再起動します。

という旨の表示が…。


いやいや、いくら非力なセレロン機といえども
まさか1時間はかからないだろう。

とりあえず他のアプリケーションを切って
「インストール開始」ボタンをポチっとな。



意外に長いな、(PCは使えないからコンポで)音楽でも聴いとくか。



10分経過…

進捗具合のメーターが後半まで行ったけどなかなか動かんな…。



20分経過…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ついに「再起動してください」の表示が!



なんだよ、まあ結構長かったけどさすがに1時間はなかったな。


「今すぐ再起動」ボタンをポチっとな。










Service Pack をインストールしています




ええっ!?



終わったんじゃなかったのかよ!

今からかよ!

さっきのは20分間もなにやってたんだよ!




10分経過…

20分経過…

30分経過…


  Vista更新画面


やっと更新も佳境か!?というこの時点で
更新開始から50分以上経過しています。  (((´・ω・`)


この後更新が終わって起動し
完全に立ち上がったかと思われるまでさらに10分強。


結果、10時18分に始めて、終わったのは11時21分でした。


なめてました。
1時間以上かかりました。

ちなみに、再起動は1回しかしませんでした。


まだ更新してない人がいたら
くれぐれも時間に余裕を持って更新しましょう。





スポンサーサイト

関連タグ : WindowsVista,

ジャンプスクエア(以下ジャンプSQ)6月号
クレイモア(CLAYMORE)14巻と同日に発売されました。

表紙は『ロザリオとバンパイアseasonII』の赤夜萌香

  ジャンプSQ6月号表紙

つおい萌香さん激LOVE♥


アンケートハガキの懸賞ははずれた人の中から
Wチャンスとして抽選で100名に表紙QUOカードが当たるんですが

むしろWチャンス希望。

DSもPSPもWii FitもiPodも萌香さんの前では霞んで見えるぜε- (´ー`*) フッ




さて、先月は突然のクレイモア休載でしたが →先月の記事参照
今月はセンターカラーできちんと載っていました。
コミックス14巻も発売ということで、特製カバーも付いていました。
全体的に銀色で、クレアさんがかっこいいです。

先月は、「作者取材のため~」という理由でしたが
今月の目次の作者コメント欄には
「先月は突然すみませんでした。今月からまたがんばります。」とありました。

ほほぉ~、ということは先月は頑張りきれなかったと、
やっぱり取材なんかじゃなかったと、そういうことですか。

ほんと頼みますよ。
クレイモアを読むためにジャンプSQ買ってるんですから。


それでは今月のクレイモアについてです。


(以下ネタバレ注意)


先月、いや、先々月のSCENE78 叛逆の戦士達 では
かつてのナンバー2の覚醒者 鮮血のアガサクレアが倒したところで終わりました。


今月のSCENE(シーン)79『東の深意』では
クレアたちが7人だったことから、
クラリスが、クレアたちが北の戦士たちの生き残りだったことに気づきます。
クラリスミアータの任務は、組織からの離反者ガラテアの粛清なので
クラリスは大剣を構えて立ち上がります。

ガラテアは、アガサを倒したことですべき事は終わったので
命を差し出そうとしますが、
クラリスにはできませんでした。

任務を遂行しなければクラリスたちは組織に殺されるので
どうしたらいいか悩んでいると
ミリアが「組織に戻らなければいい」と言います。

組織に戻らないとクラリスミアータも離反者として命を狙われますが
幸い、今いるところは聖都ラボナ。
戦士のような半人半妖を厳しく排斥する町として知られているために
組織もうかつに手は出せないということらしいです。

しかし、組織がその気になれば躊躇せず町ごと消すだろうから
一時しのぎにしかならないとガラテアは言います。


ここで驚くべき発言が飛び出します。
ミリアは、一時しのぎでいいと、
自分たちは組織を潰すために来たのだと言います。


もともと組織は、妖魔に狙われている人や町の依頼で戦士を派遣し
妖魔を倒すという役割を担ってきました。
その組織がなくなれば、人間は妖魔に対して為す術がなくなるとガラテアは言いますが
ミリアが長年の調査で知り得た事を話し始めます。

あるときミリアは組織から最も離れた山奥の小さな村に行きました。
その村の人たちはミリアの姿を見てひどく驚き
さらに妖魔の存在を知りませんでした。

そこでミリアは、妖魔は組織の中から生まれ出ているのではないかと考えます。

妖魔は古より人を喰らう上位捕食者だと言われて来ましたが
それを言ったのは、妖魔自身であり、組織の者たちだと。
だから世間から遮断されたような村の者たちは知らなかったのだと。

さらにミリアは言います。
戦士はクレイモアと呼ばれる大剣を1人1本持っていますが、
そのクレイモアは、妖魔を斬るためだけにしては硬すぎる、
これまでの闘いの中で、刃こぼれしたのすら見た事がない、
まるで最初から覚醒者か、それ以外の者を相手にするために造られたんじゃないかと。

この大剣に近い鉱物を大陸中探したが見つからなかったことから
この大陸に存在したり、造られたものではないと結論付けます。

ミリアの調査では
この世にはこの地しかないというのは組織の情報操作で
実は、もっとずっと大きな大陸が存在しており、2つの勢力の戦争が続いている。
あるとき一方が、強固な外皮を持つ人外の種族を仲間に引き入れ優位に立つと
もう一方はそれに対抗すべく、ある兵器の開発を急ぐ。
その兵器は、人自体を変化させ化け物に変える悪魔の兵器だった。
しかしその兵器は強大すぎて自陣をも滅ぼす危険性があり
その研究はその大陸から離れたひとつの小さな島に押しつけられた。

つまり、この地は、覚醒者の実験場なんだと。


ここで7月号に続きます。



なんですとー!?
そういうことだったのか!!

ここから大きく話が展開しそうですね。
組織は潰すが、戦士たちとは闘わないとミリアは言いますが
当然戦うことになるでしょう。
現ナンバー1黒のアリシアも出てくるでしょう。

そして組織が潰れても別の大陸が存在するとなれば
まだまだ話は続きます。


ほんと週刊にならないかな。
まあ、月刊で休載するぐらいだから厳しいでしょうけどね^^;


ところで、上では省きましたが
シンシアガラテアの腕の再生を手伝おうとするシーンがあります。
シンシアにはそういう能力もあるんですね。




ジャンプSQ7月号の発売日は6月4日です。
来月号もきちんと掲載してください(笑)


   From COFFEE17


クレイモア(CLAYMORE)14巻 表紙を見るicon
クレイモア(CLAYMORE)14巻 Amazonカスタマーレビュー
クレイモア(CLAYMORE)14巻 セブンアンドワイお客様レビューicon


→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ2月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ3月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ4月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ5月号の記事 (5月号は休載)
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ7月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ8月号の記事
→ クレイモア(CLAYMORE) ジャンプSQ9月号の記事

クレイモア コミック


関連タグ : ジャンプSQ, 赤夜萌香,

Copyright (C) 2007-2016 趣味とか◯とかエトセトラ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。